国内と外国証券口座の比較 - 総合証券口座と特定口座の比較

国内と外国証券口座の比較

subpage1

日本の証券会社において総合証券口座を開設した場合には、国内の個別株やすべての投資信託の売買が可能となってきます。しかし、外国の個別株を売買するとなると、外国証券口座を新たに開設する必要が出てきます。
近年では大手の証券会社を中心にして、外国の個別株が取引可能となってきています。
外国の個別株取引の取り扱いでと多いのがアメリカの個別株式です。

証券口座の比較における問題への理解促進お手伝いする情報サイトです。

アメリカの企業では世界的に有名なところがたくさんあるため、アメリカの個別株の売買ができるのは投資家にとって魅力の一つとなっています。


また、最近ではアメリカ株の他に中国の個別株を取り扱う証券会社も増えてきました。

中国の株式市場には今後の成長株が少なからず眠っている可能性があり、将来大きなリターンをあげたい投資家に人気になっている状況があります。

このように魅力のある外国の個別株を売買するには、外国証券口座の開設の申し込みをしてから、個別株の売買が可能となってきます。
しかし、外国証券口座と国内の口座を比較すると、外国口座は口座管理料が発生することが多い特徴があります。



口座管理料としては2000円程度になっている証券会社が多いです。



しかし、口座管理料を払ってでも、外国株は買う価値があるとも言えます。

外国株の中には配当利回りが非常に高い銘柄があるために、配当金だけで口座管理料を賄える状況が生まれるからです。
なお、国内の口座と海外の口座は証券税制が異なるため、支払う税金の負担がかなり違ってくることに注意が必要となっています。