電話占いと姓名判断について

電話占いでは、姓名判断によって、好きな相手や気になる男性との相性、また自分のこれからの人生などを占うことができます。電話占いで姓名判断について占う時には、自分の名前の苗字なども必要となり、それぞれの名前の画数によって、吉凶などを占うことができます。また、電話占いでは、漢字の持つ意味などから、その人の性格や人間関係、適職などを占うということもあり、いろいろな姓名判断の方法が流派によってあります。また、電話占いにおいても、姓名判断については流派などがあることから、たとえば草冠の字体を、3画数で数える流派と4画数で数える流派と、6画数で数える流派などにいろいろとわかれています。

そのことから、自分がうらなって欲しい流派の先生にみてもらうこともできます。吉については、女性の場合では特に32画数や31画数や24、13などの画数が良いとされており、また15画などについては、男性にとっても女性にとってもとてもよい吉の数であるとされています。凶の画数もありますが、それについても、電話占いでは知ることができます。仮に、凶の数があったとしても、自分の悪いところはここだというように、アドバイスなどをしてもらうことができるため、弱点などを知ることができる良い機会となります。

凶の画数についても、流派によっていろいろと、異なることもあります。吉の画数については、先ほどの通り、13画や32画の他に、11画数なども吉とされています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *