総合証券口座と特定口座の比較

総合証券口座と特定口座の比較

subpage1

証券口座では総合口座の他に特定口座を開設することが可能です。証券口座の総合口座は、まず始めに証券会社に口座を作る一般的なものであるのに対して、特定口座は別途で証券会社に申し込む必要が出てくる違いがあります。


証券口座の総合口座と特定口座を比較すると、特定口座なでは税務署に確定申告をしないですむメリットが挙げられます。


一般的な総合口座では証券売買によって発生した利益に対して税金が掛かってくるために、年度末に確定申告をする義務が生じてきます。

しかし、特定口座では源泉徴収ありを選択すると、確定申告をする必要がなくなります。特定口座の源泉徴収ありを選んだ場合には証券売買によって生じた税金を証券会社が計算し、個人の代わりに税務署に申告をしてもらえる制度があるからです。

個人投資家が証券売買に関する確定申告をすることは、非常に大変な作業です。

証券口座の比較を理解するには正しい知識が必要です。

そのため、個人投資家の負担を減らすために、過去に特定口座という制度ができた経緯があります。



政府では特定口座という制度を作ることで、個人投資家の株離れを防ぐ狙いがありました。その結果として、今でも個人投資家では特定口座を開設すれば、確定申告がいらない状況が生まれています。



なお、特定口座内の取引で年度通算で損失が出てしまった場合には、通常通り確定申告をすることで損失を翌年へ繰り越すことが可能です。


そのため、特定口座であっても総合口座と比較して、不利になることはなくなっています。

証券口座の最新考察

subpage2

通常、証券会社で株式などの売買を行う場合には、総合証券口座を通じて取引をすることになってきます。しかし、去年1月からはNISA制度が開始されたことで、個人投資家は新たにNISA口座を開設することが可能になりました。...

more

証券口座のよく解る情報!

subpage3

近年はネット証券などの登場により、投資に対するハードルが大きく下がることになりました。それまでは、投資をする場合少額で投資をするのは簡単なものではなく、手数料も高額であったことから誰でもできるというものではありませんでしたが、ネット証券が普及したことによって家にいながら簡単に売買をすることができ、手数料も割安であることから誰でも投資をすることができるものとなりました。...

more

証券口座関係の真実

subpage4

日本の証券会社において総合証券口座を開設した場合には、国内の個別株やすべての投資信託の売買が可能となってきます。しかし、外国の個別株を売買するとなると、外国証券口座を新たに開設する必要が出てきます。...

more

証券口座のサポート情報

subpage5

株式取引をしたい場合には、証券会社の口座を作る必要があります。しかし、証券会社といっても、かなりの数が存在し、各々の会社にとって様々な特徴が異なります。...

more